繊細っ子のためのアロマケア講座

未分類

『繊細っ子のケアにアロマがいい』

という情報に
触れることは多いかも知れません。

わが家も
娘の繊細さに気がついたときから
エッセンシャルオイルで
ケアしています。

感覚過敏で
頭や耳が痛くなったときには

学校の先生からも
すすめられましたし

先生の許可をもらって
学校にもエッセンシャルオイルを
持参していました。

香りには
素晴らしい癒しのチカラがあって

しかも
日常に簡単にとり入れられるので

セルフケアとして
とても簡単に
習慣化することができる方法です。

でも最近

HSCにアロマがいいって聞くけど
どんな風に使っていいかわからない

はじめてのときは
どんな風に選んだらいいかわからない

と聞かれることが
とても多いのです。

確かに
使い方を詳しく伝える情報は
見かけることが
ないかもしれません。

 

一人ひとりカラダは違うので

ある人には
ラベンダーのエッセンシャルオイルが
心地よく感じても

ある人には
心地よさを感じない

ということは
よくあることです。

エッセンシャルオイルの基本や
選び方のポイント
繊細っ子のケアの方法を知ることで

お子さんに合った
エッセンシャルオイルを選ぶことや

ケアを習慣にすることが
できるようになります。

アロマテラピーという言葉を聞くと
むずかしいと感じる方も多いのですが
実はとても簡単です。

繊細な娘が感じていた
ココロとカラダを癒してきた
具体的な方法も
一緒にお伝えしていきます。

繊細っ子の気持ち

娘は保育園の頃から

周りの大人たちに
しっかりしているね

と言われてきたタイプです。

でもそれは
保育園や学校の不自由さ
周りと一緒でなければならないという窮屈さ
大人と子どもの縦の関係の中で

自分の感情を飲み込んで
我慢した結果だったことが

小学校の高学年になってから
わかりました。

そのことを娘が話してくれてからは
しばらくの間
その憤りがとめどなく出てきて
止まることはありませんでした。

蓋をしていた感情が
一気に溢れかえる感じです。

けれど
その当時の記憶を思い起こしても

娘が今日は
こんなことが楽しかった
あんなことが楽しかった

と話してくれることも
とても多かったので

つらいことや
嫌なことばかりでも
なかったはずです。

もちろん
洞察力が鋭いので
親に
心配をかけさせないとか
迷惑をかけない

という気持ちも
合ったとおもいます。

 

そのすべてを含めて

適した関わり方や
生活の仕方ができていなかったことに
娘が不登校になって気がつきました。

 

毎日
エッセンシャルオイルを使いながら
ストレスをリセットすることで

体調がととのい
周りに合わせた生き方から
周りと違っても
自分の意思を大切にする生き方に
変わっていきました。

 

体験することすべて意味はある
と言われますが

生きているだけで
ストレスを感じやすい繊細っ子。

心地よく
しあわせな時間を
プレゼントしてあげたいですね。

大人よりも繊細っ子はつらさを抱えやすい理由

子どもの脳は発達の途中です。

最近の脳科学で
脳は28歳くらいまでに完成ことが
わかっています。

脳は

視覚・聴覚
運動
語学
コミュニケーションや高次認知機能

の順番で発達していきます。

子どもは
自分で感じている不快な感覚を
言葉で伝えにくいことと

感情をコントロールする脳が
発達する年齢が10歳から思春期がピーク
と言われているので

心地よくない感覚を
うまくコントロールできないことで

繊細な大人よりも
生きづらさを感じやすいと
言われています。

繰り返し思い浮かべることは
思考パターンに影響し
人生に大きく影響していく
と言われています。

今を
しあわせに
心地よく過ごすことが
大切になりますね。

 

繊細っ子がしあわせに生きるために、ケアの方法は二つに別れる

赤ちゃんの繊細さを
そのまま大切に育む毎日のケアの方法と

たくさんの経験をして
自分の本当の姿を
見せられなくなった子のケアの方法は

少しだけ違いがあります。

 

繊細な子どものみんながみんな
生きづらさを
感じているわけではありません。

その豊かな感性を
生かした生き方をしている子どもも
たくさんいますよね。

 

本当は
すべての人が繊細さを持っているもの。

 

生まれたときから
その子をありのままを
受け入れ続けること。

そして
心地よさや
しあわせや
ホッとできる
環境を整えてあげることで

子どもは自然と
ありのままの自分でいることや
心地よさの中で過ごすことを
どんなときも選べるようになり

自分の感覚とつながったままでいるから
困難と感じることも
乗り越えていく力が育まれていきます。

 

逆に
家庭の中や
幼稚園や学校で
リラックスして過ごせずに
大きくなった子どもたちは

ココロとカラダを癒すところを
大切にしていくことが必要になります。

もう一度
安心感を感じる環境のなかで
ココロとカラダのバランスを
ととのえていく時間が必要です。

エッセンシャルオイルが繊細っ子のケアに適している理由

繊細っ子は毎日たくさんの刺激を受けるので
毎日脳がフル回転しています。

日常で感じる刺激の原因となるものを
減らしてあげることは
大切なことですが

同時に
ココロとカラダをリラックスする時間を
創ることもとても大切なことです。

 

嗅覚は五感の中で唯一
ダイレクトに大脳辺縁系に
伝わると言われています。

香りの分子は
鼻の奥にある粘膜で
電気信号に変わり
大脳辺縁系や
自律神経を司る
視床下部に伝達され

ココロとカラダの
バランスに働きかけると
言われています。

大脳辺縁系は
情動
記憶
本能行動
動機付け
自律神経調節などの機能に
関係する部位。

繊細な感覚を持つ人は
大脳辺縁系の中にある
扁桃体の働きが活発であることが
わかっているので

毎日
心地よい香りに包まれていることが
リラックスへとつながります。

シンプルに考えてみるとこういうこと

繊細な子の
カラダのしくみや
感じていることを知ることも

エッセンシャルオイルが
どんな風に働きかけるのか

ということを知ることも
もちろん大切なことです。

でも本当は
むずかしく考える必要はなくて

親子で
心地よさを感じて過ごせているかどうか
しあわせを感じられているかどうか

それだけです。

香りは
植物の命そのもの。
自然の叡智と
無条件の愛が詰まっています。

その
無条件の愛にふれた時に
癒しが起こり
ありのままのじぶんで
生きていくことができるようになります。

アロマとエッセンシャルオイルの違い、知ってますか?

アロマ
エッセンシャルオイル
精油

香りに関する
さまざまな言葉がありますが

その違いを知った上で選ぶことは
大切なポイントとなります。

エッセンシャルオイルと精油は
同じもの意味しますが、

植物の花、葉、果皮、など
さまざまな部位から抽出した
揮発性の芳香物質です。

アロマオイルやフレグランスは

化学的に合成した香りや

エッセンシャルオイルと
化学合成した香りを掛け合わせたもの

になります。

さらにエッセンシャルオイルにも

・無農薬で作られた
100%ピュアなエッセンシャルオイル
・100%ピュアなエッセンシャルオイル
・100%ピュアなエッセンシャルオイルを
掛け合わせたもの

さまざまな品質があります。

ラベルの表示を見ることが
おすすめですが

植物から少量しかとれない
貴重なエッセンシャルオイル。

価格も品質を選ぶ
ポイントになりますね。

エッセンシャルの言葉の意味は
本質

植物の命、愛そのものです。

無条件の愛だからこそ
わたしたちのバランスを
ととのえるサポートを
してくれるのですね。

講座の内容

  • エッセンシャルオイルの基礎知識
  • 繊細っ子が生きづらさを感じる理由
  • 繊細っ子のケアにエッセンシャルオイルが適している理由
  • ホームケアで大切にしたい3つのこと
  • 繊細っ子の困りごと。エッセンシャルオイルで解決する使い方エッセンシャルオイルを実際に使いながら、
    講座だからお伝えできるお話も盛り沢山のお時間です。

この講座はこのようなママにおすすめです

  • HSC気質の子育てに悩んでいるママ
  • 感情の起伏が激しい子を育てているママ
  • 疲れやすい子を育てているママ
  • ナチュラルに子育てを楽しみたいママ
  • エッセンシャルオイルが気になるママ
  • ご自身も繊細な気質をもつママ

 

この講座を受講すると

  • HSC気質のお子さんとの関わり方がわかります
  • HSC気質のお子さんのアロマケアの方法がわかります
  • ママのセルフケアの方法がわかります

 

繊細っ子のためのアロマケア講座

【開催日程】
 2022年3月19日 10:00-12:00

【開催方法】
 Zoomオンライン

【受講料】
 7,700円(受講料+エッセンシャルオイル代+送料)
・エッセンシャルオイル2ml 1本
・キャリアオイル2ml 1本
・エッセンシャルオイルは、当サロンで使用している完全無農薬で育てられた植物から抽出した、ヤングリビング社のものです。
・エッセンシャルオイルは匿名配送でお送りします。
・エッセンシャルオイルは陸便での配送となるため、お届けまでにお時間がかかります。開催日の1週間前までにお申し込みください。

お申し込みはこちらから

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました